2018年07月19日

冷製スープ

毎日猛暑が続きます。
温暖化のせいでしょうか、毎年暑くなるような気がします。
ちょっと動くだけで、汗がでます。
私は、顔も頭も首も胸も・・・もうもう
全身から汗が吹き出るので、夏は苦手です。
でもここに居る限り避けられませんね。 
全く一日どれだけ水分をとるのやら?

食事も主人は、温かいうどんなど頂いていますが、
私は、冷たいものを、ついつい選んでしまいます。
本当は、身体を冷やすのは、
良くないと言われていますが、なんのその!

最近よく作るのが、冷製スープと、
そーめんにいろいろトッピングしたものです。

冷製かぼちゃスープ.jpg
冷製かぼちゃスープ。
かぼちゃを薄切りにして程よくゆで、
たまねぎのスライルをバターで傷め、
ブレンダーで混ぜ合わせ、牛乳を加えます。
お醤とお砂糖を少々加えて、裏ごしして、
冷蔵庫で冷やすと出来上がり。 
かぼちゃと玉ねぎの程よい甘みで、美味しいですよ。 

食欲がなくなると、気力も低下しますので、
喉越しが良いよう、工夫してみるといいですね。
by Sanae


posted by トーヨー at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

GATEAU FESTA HARADA のラスク

私の好きなお菓子の中で、ベスト3に入る
ガトーフェスタ ハラダのラスクがあります。

ホワイトチョコがコーティングしたあるラスクを
求めて本店の高崎へ。

先日、TVで放映されて観光バスまで来るように
なってなかなかの込み具合。
でもこの日は、比較的すいていて、
夏限定や新商品、ケーキなども買ってきました。

ラスク.jpg

残念ながら、ホワイトチョコは、5月までだそうで、
こちらは6月〜9月の夏季限定の
おつまみ系のバジル、チーズ、トマト味のラスクを買いました。
それにトッピングして、ロゼワインとともに頂きました〜
ピリっとしてトッピングのチーズとトマトとよく合いますね。 

ショーウンドーには、その他フルーツゼリー、
コールドショコラ、サブレ、ケーキなど
どれも食べてみたいものばかりでした。

レアチーズケーキ.jpg
甘みを押さえたチーズケーキ。
フランランボワーズとピスタチオのサンドです。

うう〜ん、美味しい!!
ますますファンになってしまいそうです。

ガトーフェスタ ハラダ
通信販売 0120-520-082
by Sanae




posted by トーヨー at 17:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

流木のガラス花器

ハレニレでランチをした後、ブラブラお店を探求。

a.jpg

地元の作家さんの作品を多く扱っているお店です。

c.jpg

カウンターも大きな木の天板、なんともいえないですね。
前のお店で、中央に柱が合ったとかで、
こんな面白い形のまま、カウンターに使ったようです。
木の温もりは、柔らかく味わいがあります。
前回は、気の靴べらを買いました。

b.jpg

今回は、ガラスの花器を購入。
流木にガラスを乗せた花器で、二つと同じものはありません。

ガラス器.jpg

これも軽井沢の作家さんの作品だそうです。
家の玄関シューズボックスの上に飾ってみました〜
by Sanae


posted by トーヨー at 16:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

レークガーデンのバラを見に・・・

先週 軽井沢に行って来ました。
今回は、バラが咲いている時期でしたので、
南軽井沢にあるレークガーデンへ。
この周りは、別荘地帯で、とても静かな環境です。

6.jpg

バラが咲いている池の周りを散歩しました。

2.jpg

柔らかなピンクのバラ。

3.jpg

4.jpg

ピンクや赤やオレンジ、紫といろいろな色のバラがありましたが、
わたしは、サーモンピンクやクリーム色にひかれます。
でも、自然が生む色ってどの色もステキですね。

7.jpg

鳥のさえずりと池の段差に作られた滝の水の音しか聞こえません。

5.jpg

私の一番好きなバラ、タモラがありました。
とても良い香りがします。
うっとりですね〜〜 
by Sanae

posted by トーヨー at 16:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

熊本城

週末、小倉・熊本へ行ってきました。
北九州には、何回となく行った帰りに、
門司へ行ったり、大宰府へ行ったり、阿蘇へ
寄ったりしましたが、熊本は初めてです。


熊本城.jpg
在りし日の熊本城。(絵はがきです。)

地震で熊本城が崩壊し、
その再建が20〜30年かかると、
TVの報道で見て知ってはいましたが、
実際見てみると、胸が痛みました。

熊本城の築城と第1代城主は、加藤清正公。
K-0.jpg

天守閣をはじめ城内は、入れず、
堀の外側からの見学です。

K-0.jpg

ここから場内に入る通路も閉鎖です。

K-1.jpg

K-2.jpg

加藤清正は、島津藩に攻められないような城造りを考えたようです。
たとえば、敵が攻めてきても見通しいいように、堀は空堀に。
ちなみに、水がない空堀は、熊本城だけとか。

天守閣にも匹敵をする櫓にもしゃちほこを取り付け、
遠目でダミーにしたり・・・
K-3.jpg

k-5.jpg

k-4.jpg
崩れた石は、全部番号がふってあって、
それを順番に元に戻すそうです。

その技術を継ぐ若者をこれから育て、
継承していかないと、復興が継続できないとか。
気が遠くなる事業ですね。

k-6.jpg
どこもかしこも、崩れた姿に心が痛みます。

k-7.jpg

熊本城(左側)の表示の石も回転してしまっていました。

2年後には、場内の見学ができるそうです。
この日も、中国からの観光バスが何台も来ていましたが、
ボランティアのガイドの方をはじめ、
町全体元気に、少しずつですが、
復興に道を歩んでいるようにも思えました。
by Sanae


PS.完全復興までは、私の年齢からして
見ることは、無理ですが、
もう一度訪れてみたいですね。
posted by トーヨー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする