2018年06月19日

熊本城

週末、小倉・熊本へ行ってきました。
北九州には、何回となく行った帰りに、
門司へ行ったり、大宰府へ行ったり、阿蘇へ
寄ったりしましたが、熊本は初めてです。


熊本城.jpg
在りし日の熊本城。(絵はがきです。)

地震で熊本城が崩壊し、
その再建が20〜30年かかると、
TVの報道で見て知ってはいましたが、
実際見てみると、胸が痛みました。

熊本城の築城と第1代城主は、加藤清正公。
K-0.jpg

天守閣をはじめ城内は、入れず、
堀の外側からの見学です。

K-0.jpg

ここから場内に入る通路も閉鎖です。

K-1.jpg

K-2.jpg

加藤清正は、島津藩に攻められないような城造りを考えたようです。
たとえば、敵が攻めてきても見通しいいように、堀は空堀に。
ちなみに、水がない空堀は、熊本城だけとか。

天守閣にも匹敵をする櫓にもしゃちほこを取り付け、
遠目でダミーにしたり・・・
K-3.jpg

k-5.jpg

k-4.jpg
崩れた石は、全部番号がふってあって、
それを順番に元に戻すそうです。

その技術を継ぐ若者をこれから育て、
継承していかないと、復興が継続できないとか。
気が遠くなる事業ですね。

k-6.jpg
どこもかしこも、崩れた姿に心が痛みます。

k-7.jpg

熊本城(左側)の表示の石も回転してしまっていました。

2年後には、場内の見学ができるそうです。
この日も、中国からの観光バスが何台も来ていましたが、
ボランティアのガイドの方をはじめ、
町全体元気に、少しずつですが、
復興に道を歩んでいるようにも思えました。
by Sanae


PS.完全復興までは、私の年齢からして
見ることは、無理ですが、
もう一度訪れてみたいですね。
posted by トーヨー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

広島土産

週末主人が何年ぶりかで、広島へ行って来ました。
中学の同窓会。
それこそ半世紀ぶり???
ちょっと見てもお互いわからなかったそうです。 

クルージングランチをして、久々宮島へ行ったり、
旧友との会話も弾んだとか・・・

行きもお土産をいっぱい詰め込んで行きましたが、
帰りも広島のお菓子をいっぱい買ってきました〜 

もみじ饅頭.jpg

もみじ饅頭もいろいろなところで出していて、
にじき堂が有名ですが、
広島というと、「 カープ 」 「 もみじ饅頭 」 が思い浮かびますね。

駅ビルにある香月は、そのふたつをコラボして
作った5種のもみじ饅頭。
こしあん・つぶあん・チョコ・クリーム・抹茶味。

5種の味愉しみました〜 
by Saane
posted by トーヨー at 09:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

日本の技 「 時を刻む 」

関東地方も梅雨入り宣言しましたね。
雨の恵みも大切なことは、わかるのですが、
私はどうも湿気が苦手です。
梅雨が明けこれまた猛暑も苦手・・・ 
四季の中では、秋が一番好きですね〜

この間、久しぶりに銀座に行って来ました。
行くたびに新しいビルが建っていて、ああ〜
何のビルかしらと見てしまいます。

銀座は20代バイトをしていたので、
当時の頃からのお店を見ると、
まだあるんだぁ〜と懐かしさを感じました。

銀座6丁目にある旧松阪屋
新装の GINZA SIX へ行ってみました。
中は、世界のブランドのお店がいくつか入っていて、
その中でも、4Fは雑貨やものづくりのお店があり、
足をとめてみてみました。

IMG_2119.JPG

新潟の燕市にある銅器の玉川屋さん。

IMG_2117.JPG

先日、TVても放映されていましたが、
1枚の銅板を金槌でたたいて、
成形する技凄かったです。

そそぎぐちも打ち出しているので、
一番大変なのは、バランスだそうです。

またその道具の多さにもビックリしました。
日本のものづくりの技ってすごいです。 

IMG_2118.JPG

「 打つ。時を打つ。 」 

製品を作る技術もさることながら、
お客様が購入してから、世代を超えて
銅器を使うその 「 時 」 も含めて、
「時 」を刻むということだそうです。

私もできればひとつ購入して、
大切に使いたいなぁと思いました。

玉川堂 燕本店
〒959-1244 新潟県燕市中央通2-2-21
Tel. 0256-62-2015
by Sanae




posted by トーヨー at 10:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする