2019年02月20日

世界らん展 その2

らんと一言でいっても、本当にいろいろな種類があるんですね。
胡蝶蘭、デンドロビューム、カトレア、シンピジューム、
オンシジューム、バンタ、春蘭などは知っていますが、
その形や色合いは、ひとつとして同じものはありません。
そこが魅力なのかもしてませんね。

食虫植物は、ウツボカズラの仲間で、
歯の先が袋状になっていて、雨水を蓄え、
飛んできた虫を栄養にするんですね。

食虫.jpg


5.jpg

6.jpg
亜熱帯地方で咲く世界最長の花弁を持つサンデリアナム。
花弁の先がよれているのが不思議です。

2019年度日本大賞に輝いた桜井 一さんの作品です。
2.jpg

パフィオベラディラムは、過去2回受賞している品種ですが、
つやがあって1輪なのに存在感がありますね。

3.jpg
バラの花のようならん。

11.jpg
見事に咲いた白のカトレア。

15.jpg

by Sanae 




posted by トーヨー at 12:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする