2019年07月31日

良いものに出会って・・・

連日30度を超える猛暑の夏が続いています。
日中は水分を十分とって、
夜も充分な睡眠をとり、
食事も3食きちんと頂いて、
この夏を乗り切りましょう!


先日の厚木のアミユで展示された
山口先生の作品が届きました〜

波祭り-1.jpg

宇吹二色被花器 山口 浩二作 『 波 祭 』
昨年の4月、第58回東日本伝統工芸展に出展された作品です。

山口先生の作品は、色合いもそうなんですが、
フォルムの美しさに惹かれますね。

波祭り-2.jpg

ノリタケブルーと白の二色で、
波が打ち寄せている感じがいいですね。

「大切にします。ありがとうございます。」と
受け取ると、山口先生からは、
「嫁入り先が見つかってうれしいです。」とのことでした。
作品を手放すということは、嫁に出す気分なんですね。


工芸作家で食べていかれる人はほんの一握りで、
なかなか生産する環境も大変と聞きます。

ここの厚木グラススタジオも13年目を迎えて、
今存続が検討されているとか。

使い捨ての時代が長く続いていくと、
伝統のものづくりも継承していく若者が減り、
寂しい限りです。

私は若い時にものづくりをちょっとかじったので、
ものを作る大変さもわかりますし、
作る喜びも知っています。
でも、そのあとどう使われるかなんですよね。

自分の好きなものは、身近に置き大切に使います。
物は、見たり、触ったり、使うことで価値がでます。
生活も心も豊かになります。

20代で買った(当時は高価なもの)ものなどは、
本当に40年以上使っても飽きませんもの・・・
どうぞ皆様も大切に使ってください。

私も日々「 断・捨・離 」をしながら、
ものに向き合いたいと思います。

by Sanae
posted by トーヨー at 08:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする